花粉症について:医療法人聡啓会中井耳鼻咽喉科

花粉症について

*

*

花粉症は、鼻の症状としてはくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどがあります。

目の症状はかゆみ・充血・涙目などの症状があらわれます。

春に起こるスギ・ヒノキ花粉症はよく知られていますが、スギ・ヒノキ以外にも

多くの植物が花粉症の原因となります。

そのため春にはシラカバ・ハンノキ・初夏にはカモガヤなどのイネ科植物、

秋にはブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどが原因の花粉症も見られます。

*

スギ花粉は、奈良では2月中旬より4月中旬、ヒノキ花粉は3月より5月中旬まで飛散します。

*

花粉症の対策としては外出時にはマスク・めがねの着用、

帰宅時はうがい、室内には花粉が入らないように原因となる花粉を避けるとともに、

生活環境のストレス・睡眠不足・疲労などを取り除くことが大切です。

*

花粉症の方は、症状が出る前(花粉が飛び始める約2週間前)

あるいはごく軽い症状の時期から抗アレルギー薬を服用すると

かなり予防効果があります(初期療法といわれます)。

症状がひどくなってしまった時は

抗ヒスタミン薬や点鼻の局所ステロイド薬、経口ステロイド薬等を使います(導入療法)。

この療法で症状が抑えられた状態を保つために、抗アレルギー薬を続けながら

症状にあわせて点鼻薬その他の薬剤を使います(維持療法)

根本療法には免疫療法があります。

これはアレルゲンエキスの皮下注射が従来よりおこなわれていますが、

近年舌下投与法が普及しています。

免疫療法は効果が出るまでに長期間の投与が必要であり、稀ですがショックなどの副作用があるので

医師の管理下での根気強い治療が必要です。

*****

当院で扱っている舌下免疫療法について

シダトレンは12歳以上のスギ花粉症の患者さんに適応(効果)があり

当院で受診されている患者さんでは良い結果が出ています。

詳しい説明をご希望の方はご来院下さい。

メディカルトリビューン誌掲載

”専門医に聞く花粉症”

中井義明(司会)、中井澄子他

花粉症画像1

花粉症2

*:

トップへ戻る

******************************

医療法人聡啓会中井耳鼻咽喉科

〒631-0036 奈良市学園北2-1-6

電話:0742-46-2668 FAX:0742-46-2626

http://nakai-jibika.jp/

inserted by FC2 system